排気量マウントに遭遇したらどうすればいいのか

みなさんは『排気量マウント』という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
今やSNSにて悪い意味で話題になっている言葉です。

今回は、そんな「排気量マウント」を取ってくるタイプの人間に遭遇してしまった場合の対処法について記載したいと思います。

スポンサーリンク

排気量マウントとは

そもそも「マウント」とは様々な意味があります。

IT関連で「マウント」と言えば、ディスクを追加し、それをOSに認識させるときなどに使います。
喧嘩などで「マウント」と言えば、相手より優位な位置につき相手に攻撃をするときなどに使われたりします。
バイク関連で言えば、スマホホルダーなどを設置するときに使う「マウントステー」なんてものもありますね。

排気量マウントは、たとえば自分が250ccのバイクに乗っていたりすると「250ccなんて~」とか「大型の方が~」と言われたりする場合があります。
これが『排気量マウント』です。
これはどちらかと言えば、2番目の“相手より優位な位置について攻撃する”という意味合いが強いと思います。

私が所有するGSX1300R 隼の排気量は1300ccあるので、そういう話をされることはありませんが、中型クラスや小型クラスのバイクが好きで乗っている人にとっては大変迷惑な話です。

また、大型クラスであっても排気量が1000cc以下のバイクに乗っている人も被害(?)に遭うことがあるそう。

会話の最初はいつも何cc

某SNSで排気量マウントを取られたという内容のタイムラインが流れてくると大抵「そのバイク何ccあるの?」などの会話から始まることが多いようです。
(これを聞かれただけでSNSに書き込んでる人もいますね)

個人的には悪意があって聞く人と、そうでない人がいると思っています。
やたらめったら毛嫌いするのではなく、悪意があるかどうかで対応を判断すればいいのではと考えています。

悪意がある人・そうでない人
悪意がある人:「250ccとかさ~xxxじゃん?」「やっぱ1000cc以上じゃないとxxxだよね」という会話をしてくる
悪意がない人:「ハーレーとか乗らないの?」「大きいバイクには興味ないの?」という会話をしてくる

悪意がある人は中型クラスや小型クラスを見下した言い方をする傾向があるように思えます。
悪意がない人は純粋に聞いてみたいから聞いたという感じの言い方をする傾向があるように思えます。

私は隼の前はYAMAHAのマジェスティ 250に乗っていたことがありますが、正直どちらも言われたことは無いので詳細はわかりませんが、SNSで言われたとされる内容を見る限りこのように思いました。

初代バイク:YAMAHA マジェスティ250

初代バイク:YAMAHA マジェスティ250

余談ですが私の場合は、排気量マウントより「ビッグスクーターは馬鹿が乗るもの」だとかの書き込みを見る方がイラってします。
収納スペースもMT車と比べて大容量でこれほど街乗りに適したバイク無いと思ってます。
シートもゆったりとしているので、高速もらくちんですしね。

もし言われたらどうする?

この手の話について調べてみるとほとんどの人が「無視」することを推奨していました。

ですが、せっかく話かけてくれた人を無視するのは正直気が引けるという人もいるのではないでしょうか。
そういう人は、以下のようにしてみるのはどうでしょう。

排気量マウントに遭遇した場合の対処
  • 悪意あるタイプの場合:「へぇ」、「そうですか」、「ふーん」っとテキトウに相槌打ってから「では失礼します」で終わりましょう。
  • 悪意あるタイプの場合(話が長いパターン):中途半端にバイクのことを知ってる人だった場合は話が長くなる傾向にあるので、「電話が来た振り」でもしましょう。
  • 悪意がないタイプの場合:「自分のバイクに誇りを持っている」程度に言っておきましょう。

逆に言われて苛立ったからと言ってやってはいけないこともあります。

やってはいけないこと
  • イチイチ反論する:話が長くなり時間の無駄です。また、お互い疲れるだけで良いことありませんのでやめましょう。
  • 動画で撮影しSNSにアップする:映り方によっては肖像権侵害などで面倒なことになるのでやめましょう。

さいごに

排気量マウントされたことがないので説得力は無いかもしれません。
ただ、不快な思いをしたからと言って争いを広げてはかえって疲れるだけで、むしろそっちの不快感が強くなると思います。

例えば、上記にも記載しましたがイチイチ反論すると相手もヒートアップする人もいます。
やっと終わった争いのあともずっと今の出来事を引きずるに違いありません。
ましてや楽しくツーリングに来ているときにそうなってしまっては楽しいものも楽しくなくなります。
なのでイチイチそこでイライラせず「あしらい方」を身につけた方がよっぽど平和的解決になると思います。

まあそもそもですが、何故バイク乗り同士そういう上下関係を作りたがるのかは正直私には理解できません。
もし、心当たりがある人は無意識にそのような言動になってしまっている人が多いので気を付けましょう。

単純にそのバイクの排気量が気になるだけでしたら「へぇ!そうなんだ!ありがとう」と返答する程度にしましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事