ブログを更新する気が起きなくなったらどうすればいいのか

ブログを書き始めて3ヶ月くらい経つと「書くことなくなってきたなー」「めんどくさくなってきたなー」って思うこともあるでしょう。
ブログは可能であれば毎日更新した方が良いのは言うまでもありませんが、毎日とは言わなくても「定期的に更新しなければならないもの」という考えが根付いています。

とは言ってもやっぱり書いてる人は人間だと思うので「めんどくさい」「疲れた」という感情もあります。
そんなときはどうすればいいのでしょうか。

今回はブログを更新する気が起きなくなったらどうすればいいのかについて記載したいと思います。

スポンサーリンク

放置期間はブログの書き方による?

まずは、どのくらい放置しても影響はないのかについて記載します。

日記型のブログを書いている、もしくはトレンド型(時事ネタ等を扱っている)のブログは頻繁に更新しなければ読者が定着しないというデメリットがあります。
好きで読んでいたのに中々更新されなかったりすると必然的にアクセス数は落ちていきます。

特にトレンド型のブログを書いている人は日々もしくは時間単位で最新情報が更新されたりするので、1日2日経つと「古い情報」もしくは「既知の情報」ということで読んでもらえなくなってしまいます。

当サイトのような特化型ブログは別に最新情報を常に提供していなくても良い場合が多いため多少更新しなくても正直アクセス数に変動はありません。
そういった意味では特化型ブログはこういう部分においてもメリットになります。

それでもやっぱり更新する気が起きなかったら?

こちらはどういう心境・感情を素にそのような気持ちになったかによると思います。

解決策
  • 更新するのが億劫になった場合:更新したくなるまで放置する
  • 書きたいことがない場合:気が向いたときの空き時間で書きたいことを探したりしながら書きたいことが見つかるまで放置する
  • ブログに関する悩みがある場合:悩みの原因を考えましょう。ただし、”自分の書いた記事に価値がないから”という自己嫌悪的な考えはしないように。

更新するのが億劫になった場合

更新したくなるまで放置しましょう。

ただあまりにも長い間更新しないとそのまま辞めてしまう恐れもありますのでどのくらい休むかは自身の采配次第にはなります。
ブログをお休みしている間、無料のブログサイトを使っている場合お金はかかりませんのでいくら放置しても金銭的な影響はありませんが、WordPressのような実質有料のコンテンツを利用している人はレンタルサーバ代を支払い続けなければなりません。
(収益化してる人で少なからず収益が発生している人は気にならないかもしれませんが…)

もししばらくお休みした結果今後も更新するのに億劫さを感じるのであれば、辛い思いをしてまで更新する必要もないので「やめる」という選択肢もあります。(今まで書いた記事は勿体ないですが)

書きたいことがない場合

当サイトは一応バイクブログなのでバイクに関連付けて話しますが、今までやってこなかったことに挑戦してみると新しいネタになると思います。
たとえば今まではバイクのメンテナンスはお店に任せっぱなしにしてたけど今回は自分でやってみようと言ったことが挙げられます。

自分でやってみることで記事のネタにもなるでしょうし、知識の向上にも繋がります。
何よりお店でやってもらうと手間賃として工賃を支払わなければならないので負担も大きいです。
自分でやれば工賃は不要なのでお財布にも優しく、記事のネタにもなり、知識の向上にもつながるので一石三鳥といえるでしょう。

そこまでやってるけどそれでも書きたいことが見つからない場合は無理に探さなくてもいいです。
気が向いたときに書きたいことをゆっくり探しましょう。

ブログに関する悩みがある場合

悩みの原因は人それぞれなので一概にどうとかは言えません…

しかし、何に悩んでいるのかを明確にすることでブログを更新する気になるのであれば原因を究明するべきでしょう。

ただどうやって原因を究明していいか分からない人のために原因の究明の方法について触れていきます。
例として「アクセス数が伸びないことによる悩み」の場合について見てみます。

1.大雑把な原因を把握する
例:アクセス数が増えないからブログを更新する気が起きない

2.「何故」を考える
例:アクセス数が少ないのは記事の数が少ないから

3.「2」で出た「何故」に対して可能な限り限界まで深堀りをする
例1:記事が少ないのはブログに費やす時間が取れないから
例2:ブログに費やす時間が取れないのは仕事が忙しく帰りが遅くなりがちだから

4.解決策を考える
可能な限り限界まで深堀りをすると自然と解決策が出て来るはずなのでそれを実行する。
例1:忙しくない時期になるまで記事を更新するのを辞める
例2:20時までに帰ってこれた日に時間を作って記事を更新する など

ただし、間違っても「自分の書いた記事なんか価値はないし、誰も読んでくれない」と言った自己嫌悪的なことを原因にしないように。

継続する選択肢と離脱する選択肢

ブログは「継続は力なり」の世界です。
のらりくらりゆっりペースであっても継続することが大事です。

とは言え、先程記載したとおり辛い思いをしてまでやることかと言われればやる必要はないと思っています。
なので、継続するという選択肢離脱するという選択肢どちらを取るかという判断が必要になるでしょう。

あくまで個人的な意見でしかありませんが、1ヶ月~2ヶ月を目安にブログの更新をお休みしてみてはいかがでしょうか。
もしお休みした結果、気力が戻らなければ多分戻ることもしばらくないと思うのでリタイアもしくは無期限の活動停止をすることも視野に入れていいと思います。

継続する意思はたしかに必要ではありますが、無理しないように。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事