BASE8823

皆さんは鳥取県 八頭町にあるBASE8823をご存知でしょうか。
BASE8823は、SUZUKIの大型バイクであるGSX1300R 隼の聖地「隼駅」の近くにあるゲストハウスです。

隼駅周辺はのどかな田園風景が広がっており、筆者も度々鳥取県に遊びに行く際、お邪魔しています。
今回は、そんなBASE8823の魅力についてお伝えしていこうと思います。

BASE8823の場所と行き方

高速道路を利用する場合は、鳥取道 河原ICを降り、鳥取県道 324号線をほぼ真っ直ぐ行って約10分くらいの場所にあります。

若桜鉄道「隼駅」からは車やバイクで約3分前後、徒歩の場合は約10分前後の場所にあります。

BASE8823の魅力に迫る

BASE8823に訪れる方の中にはBASE8823の魅力に惹かれ多くのリピータもいらっしゃいます。
では何故多く方がBASE8823に訪れるのか。その魅力はどこにあるのか。
それはこれから記載することが主な理由ではないかと筆者は考えます。

雰囲気がいい

雰囲気がいいのはどの施設においても大切な要素であると思います。
だからこそ客は集まり、もう一度訪れたくなる人間の心理が働くのではないでしょうか。

特にBASE8823に訪れる多くの客は年齢層も幅広いですが、みなさん和気あいあいとしています。

細かい演出

奥に見えるのがBASE8823のバイクガレージです。
夕方頃からライトアップも始まり、時々焚き火もやってくれたりして自分のバイクや訪れた方のバイクがより一層かっこよく見せてくれる演出をしてくれます。

辺りが暗くなると一層雰囲気が出てきます。

このように細かい演出まで行ってくれるBASE8823はバイク乗りの方やそうでない人も一緒に楽しませてくれます。

スタッフの対応が親切丁寧

「困ったこと」「分からないこと」色々教えてくれます。
ここで言う「色々」とは施設の利用のことだけでなく、市街地に何のお店があるのか、鳥取県の王道の観光地から穴場の観光地なども含めてです。

そこで今回私は、BASE8823の店長こと鳥取観光大使(筆者が勝手に呼んでるだけ)にインタビューしてみました。

「何故そんなに鳥取県について詳しいのですか?」

  • 「鳥取県が好きだから。鳥取県に訪れる方にもっと鳥取県の魅力を知ってもらうため地域の情報収集は怠りません。」

こうした努力の上に成り立っているというのは本当に素晴らしいことだと感じます。
ちなみに筆者も鳥取観光大使に穴場の観光地などを教えてもらったことがあります。


BASE8823の現在の店長 兼 鳥取観光大使

訪れる人みんなが友達

スタッフだけでなく訪れる人もいい人ばかり。
これもとても重要な要素だと思います。

当然ですが、宿泊施設なので自分が全く知らない人も沢山訪れます。
そこで生まれるどうでもいい会話が楽しかったりします。

特に筆者と同じGSX1300R 隼のオーナーも多いので、隼談義をしたり、他の車種の人とも交流が深まり名前の知らない友達がたくさんできます。


右が筆者

おわりに

いかがでしたか?
「鳥取?砂丘くらいしか無くない?」という会話がよくありますが、そんなことありません。
鳥取県にはBASE8823のような場所もあったり、穴場の観光スポットなどもたくさんあります。

私としてもこういう場所や人との繋がりは大事にしていきたいと思っております。
年々宿泊客が多くなり自分のことのように嬉しく思います。
(逆に自分が予約しようとすると「満室です」と言われると残念な気持ちになることはあります(笑))

この記事を読んでBASE8823に訪れた際は是非「こいみな」の記事を読んで来ました!とお伝え下さい。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事