プロの整備士に聞いたバイクのチェーンの交換時期!

昨日バイクの車検から戻ってきたので、バイクの状態について説明を受けた。
その時、バイクのチェーンについての説明もあったので、ついでレベルでチェーンの交換時期について聞いてきた。

今回は、バイクのチェーンの交換時期について記載する。

チェーンの交換時期

整備士さんいわく、「チェーンは何年使ったから」とか「何キロ走ったから」という概念でチェーンの交換時期は決められないとのこと。

では、交換時期を決めるポイントは何か。

  • サビ具合
  • ローラの回転具合

サビ具合

チェーンがサビついてしまうと回転が悪くなり、バイクのパフォーマンスが出せない。
多少のサビであればサビ取りでどうにかなるが、サビ取りで取り切れないほどのサビが一度着いてしまったチェーンは脆くなりやすいため、いっそのことチェーン交換してしまうのがいいようだ。
バイク用のチェーンも安い買い物ではないので、日頃からメンテナンスをしておくことで長持ちさせることができる。
整備士さんの話によれば、日頃からメンテナンスをしている人は4万キロ走ってもまだ大丈夫な人もいたようだ。

このようにメンテナンスをどのくらいやっているかによって、チェーンの交換時期も変わるため、一概に「何年使ったから」とか「何キロ走ったか」で交換時期は決められないということも納得である。

余談だが、GSX1300R 隼のチェーンは、純正でゴールドチェーンが使用されているため、側面的なサビはつきにくいようだ。
しかし、ローラ部分はサビる可能性があるので結局日々のメンテナンスはするべきとのこと。(そりゃそうか。)
ちなみに私の13年式 GSX1300R 隼は5年経過、走行距離2万キロだが現時点では全く問題なしとの判定を頂きました。

ローラの回転具合

バイクのチェーンにオイルを差したあとローラ部分をコロコロさせてみるとチェーンの交換時期かどうかを判別できるようだ。
オイルを差しても回転しにくい(引っかかりがある?)ようなら、チェーンの交換を検討した方がいい。
逆にオイルを差したあともコロコロとスムーズに回転するようであれば問題なし。

オイルをさしてもローラがスムーズに回転しないようなら中でサビついてる、もしくは経年劣化によるチェーンの寿命が近づいているという目安になる。

チェーンメンテナンス

自分でチェーンメンテナンスを行うのは至って簡単である。
① 以下のような製品にタイヤの後輪を乗せるもしくは、メンテナンススタンドを使ってバイクの後輪をリフトアップさせる。


② チェーンクリーナーとブラシでチェーンの汚れを落す。必要があれば水を使って掃除も行う。
余談だが、チェーン用のオイルには防錆剤が入っている場合があり、サビに強くなる製品も多数存在する。
こちらの商品は、ブラシ、チェーンクリーナー、防錆剤入りチェーンオイルなどがセットになっており、Amazonの評価も高い。
ブラシについては、3つのブラシがついているので、作業効率も上がる優れもの。


③ ある程度掃除できたらウエスを使って余分な水分やクリーナー、ブラシでは取り切れなかった汚れを拭き取る。


④ 水分が取れたらチェーン用のオイルを差しながら後輪のタイヤを回転させ、まんべんなくチェーンにオイルを差す。

チェーンメンテナンスの時期

チェーンのメンテナンスは、一般的に500km走行するごとに1回くらいのペースと言われている。
片道200km以上のツーリングにでかけたら帰ってきた都度やっておいたほうが無難である。
しかし、1回の走行距離が少なければ多少放置しても問題ないが、一般論で言われている距離に達したらやはりチェーンメンテナンスはやっておくべき。

たまには整備士にチェーンメンテナンスを依頼する

自分でチェーンメンテナンスを行うことで費用も抑えることはできるが、たまには整備士にチェーンメンテナンスを依頼するのもあり。
整備士は色々な道具を揃えているので、普段出来ないチェーンメンテナンス(チェーンの調整など)もやってくれることがあるので、オススメ。
今回車検を依頼したお店では、チェーンメンテナンス1回につき2000円でやってくれた。
車検から戻ってきたバイクを動かしたらヌルヌル動くことに感動した笑

スプロケットの交換時期

整備士さんの話では、スプロケット(チェーンの歯車)の交換時期については、見た目ではほとんど分からないらしい。
もし交換を検討するのであれば、チェーンを交換するのと一緒に交換するのがオススメとのこと。

またチェーンとの相性もあるらしいが、ここではあまり深くは記載しない。

まとめ

チェーンメンテナンスを怠ってチェーンを錆びつかせてしまったり、スプロケットもサビつかせてしまった場合、両方交換すると大体4万円以上の費用が必要になるとのことでした。
決して安い買い物ではないので日々のメンテナンスをめんどくさがらずにやることでお財布にも優しいことが伺えました。
以下に今回のまとめを記載します。

  • チェーンは「サビていないか」「ローラーがスムーズに回転するか」が交換時期の目安
  • チェーンの交換時期は「何年経ったか」「何キロ走ったか」ではなく、日々のメンテンス度合いによっても左右される
  • スプロケットの交換時期は、見た目での判別は難しい
  • チェーン交換と共にスプロケットの交換も検討する

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事