【車両事故】相手が無保険だった場合の対応方法

事故はいつ起こるか分かりません。
歩いていても、車両に乗っていても事故に遭遇する確率は0に近くとも0ではありません。
車やバイクに乗っているなら尚更その確率は上がるでしょう。

そんなときでも助けてくれるのが任意保険
最近の任意保険はサービスが充実していて事故だけでなくロードサービスも付いてきたり、代車まで出してくれるプランもあります。
しかし、中には任意保険に入らないで車やバイクを運転している人がいます。

もし、自分の車やバイクに無保険の車やバイクが突っ込んでくるなどした場合一体どうなってしまうのでしょうか。

スポンサーリンク

任意保険の加入率

インターネットで簡単に調べてみると、車の任意保険加入率は約70%、バイクの任意保険の加入率は約40%だそう。
単純に考えれば車の場合10人の内3人が無保険、バイクの場合10人の内6人が無保険ということになります。

そう考えると、事故が発生した場合は結構な確率で無保険である可能性があるということになりますね。
しかし、あくまで単純に計算しただけの数字なので実際とは異なると思いますが、無保険で車やバイクを運転する神経が私には分かりません。

加害者側が無保険の車やバイクの人だった場合、被害者側は泣き寝入りすることも少なくないらしいです。
そもそも、相手が泣き寝入りすればこっちは何もしなくて済むのなら任意保険なんて最初から誰も入らない。
これがまかり通るなら「あーわりぃwwwやっちまったぜww」で終わるのだから金払ってまで任意保険に入る理由ありますか?っていうことです。

後々莫大な財産を失うというのに無保険の人は一体何を考えているのでしょうか…
「俺運転上手いから関係ない」とか「保険に払う金なんか無い」とか思ってるのでしょうか。

加害者が無保険の車やバイクだったら

被害者が泣き寝入りしないで済む方法を「交通事故弁護士相談Cafe」というサイトが詳しく解説しています。
読んでみて私も勉強になりましたので皆様も一度読んでみては如何でしょうか。

無保険で車やバイクを運転している人がいるなら今すぐ任意保険に加入しましょう。
さもなければ「○んで詫びろ」を文字通り実行しなければならなくなります。

いつ自分が加害者になるか分かりません。
毎月たった数千円で命を捨てる真似をしなくて済みます。
逆に毎月たった数千円を払えないのなら車両に乗らないでください。

最終手段

自分の保険を使用することで保証を受けることができます。
「無保険車傷害特約」や「人身傷害特約」や「搭乗者傷害特約」で相手が無保険だった場合に適用できます。
もちろん相手が無保険で、かつ、相手が加害者なので等級が下がることはありませんので、毎月の保険料にも影響はないというメリットがあります。

もし、自分の今入っている保険があり、これらがどうなっているのかわからない場合は、保険会社に連絡して確認してみましょう。
ちなみに私が入っているバイクの任意保険は、東京海上日動で「対人・対物無制限」に入っている場合は既に適用済みとのことでした。

とは言え、もし、無保険で車やバイクに乗ってる奴が加害者になったら徹底的に締め上げてやりますよ(´ε` )
上記で記載したサイトにある「公正証書」の効力により差し押さえを強制執行し、身ぐるみ剥がして一文無し。
どんどん自分の資産を差し押さえられていく相手の顔を見るのはさぞ気持ちがいいものでしょう笑

まあ、事故には遭いたくないしやらかしたくもないので、何も無いことを毎回祈りながら運転しているわけですが…

最後に

任意保険は必ず入りましょう。
毎月数千円でその1年間事故をやらかしても身を滅ぼすほどにはなりません。
保険会社が全部払ってくれます。

ただし、罪は償わなければならないので、常に安全運転を心がけましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事