Amazon アソシエイトに合格するにはどうすればいいのか

みなさまは「Amazon アソシエイト」をご存じでしょうか。
ブログをやっている方なら聞いたことがあるでしょう。

Amazon アソシエイトはAmazonが提供しているアフィリエイトASPのひとつです。
そしてAmazon アソシエイトは審査が厳しいとされる「Google Adsense」よりも厳しいとされています。

今回はそんなAmazon アソシエイトに合格するにはどうすればいいのかについて記載したいと思います。

スポンサーリンク

Amazon アソシエイトの合格の道

Amazon アソシエイトに合格するためには以下の工程を通らねばなりません。

  • サイトの申請
  • 180日以内に3件の販売実績
  • 審査

1つずつ見ていきましょう

サイト申請

Amazon アソシエイトに自身のサイトを申請する際、256文字以内でサイトの説明をしなければなりません。

多くのブロガーがこの部分について触れており、テキトウな紹介文ではなくきっちり書かないと不合格になるという都市伝説を唱えています。

とは言っても嘘か本当かはAmazon アソシエイトを運営している人間しか分からないため、確かめようがないことから、一旦真面目に書いてみるべきでしょう。

私の場合146文字の説明で審査に通りました。

審査の提出方法については、ほかのサイトで詳しく説明しているのでここではあえて記載はしません。

注意
申請後、「Amazon アソシエイト・プログラムへのお申込みいただきありがとうございます。」というメールがすぐに届きますがこれは「合格メールではありません。」

180日以内に3件の販売実績

申請後のメールを受信したらその日から180日以内に3件(同じ人からの販売または自分自身での販売は無効)販売しなければなりません。

これがAmazon アソシエイトへの合格が敷居を高いものとしています。

公式によるとこのように記載されています。

サインアップ後、一定の適格販売が発生すると、アソシエイト・チームがあなたの申請を確認します (サインアップから 180 日以内に 3 回以上の適格販売の発生が必要です)。 あなた自身による注文は審査対象となりませんのでご注意ください。 審査では、あなたから提出されたすべてのサイト (ウェブサイト、モバイルアプリ、SNS ページ) がチェックされ、Amazon が求めるカスタマーエクスペリエンスの基準に達しているかを確認されます。すべてのサイトには、たとえ広告が削除された場合であっても、しかるべき量のオリジナルコンテンツが必要です (少なくとも 10 件の投稿が必要です)。

 

公式では、「少なくとも10件の投稿が必要です」とありますが、到底10件で合格は不可能でしょう。
審査方法が2020年3月から変更となったため、これから「Amazon アソシエイト」に登録しようと考えている方は時間がかかると思います。

180日以内に3件売るにはそれなりのアクセス数が必要です。
少なくとも月間500PV以上は必要となります。

アフィリエイトで紹介している商品を購入してもらえる確率は1000人に1人です。(個人の感覚です)
この確率論を単純に計算すると、月間500PVあれば2か月で1件、6か月で3件販売することができ審査に持ち込むことが可能です。

月間500PVを取るには少なくとも30件~50件程度の投稿が必要と考えています。
プロのブロガーであれば30件も満たさないで500PVに到達すると思いますが、個人の経験上30記事書いてようやく1日数人アクセスが来る程度になります。
それを考えれば30記事程度投稿してから申請し、180日後には50記事を超えていれば180日で3件の壁を越えられると思います。

審査

見事180日で3件の壁を突破することが出来れば晴れて本格的な審査を受けることができます。
もし、審査に不合格になればまた初めからやり直しの可能性もありますので気を抜かないようにしましょう。

気を抜くも何も販売が完了してしまえば、自動的に審査が開始されるのでどうしようもないと思うでしょうが、公式ではこのように記載されています。

ウェブサイトのコンテンツは直近のもの (一般的に 60 日以内に更新されているもの) である必要があります。ウェブサイトの運営主体があなた自身である必要があります。

 

「60日以内に更新されていること」とありますが、2か月に1回更新した程度ではおそらく不合格になる可能性は高いでしょう。
頻繁に更新を行い、ちゃんと稼働しているサイトであることをアピールする必要があります。

販売件数、3件を攻略したからと言って気は抜けません。

参考までに私の場合について記載します。

  • 記事数:100前後
  • PV数:月間13000前後
  • 更新頻度:5日~7日に1回

そして申請してから1か月で販売実績3件を獲得し24時間以内で審査に合格できました。

合格するためには媚を売る?(都市伝説)

巷ではAmazon アソシエイトに合格するための都市伝説があるようです。

  • Amazon アソシエイトに申請するAmazonアカウントを使って何等かの商品を注文する
  • Amazonプライムに加入する

つまり、Amazonに媚を売ろうという作戦でしょう。
これに関して私は「嘘」だと思っています。

私は過去にAmazonプライムにも加入していたこともありますし、申請するアカウント1つしか持っていないので商品を購入したこともあります。
ですが、申請した時点ではAmazonプライムは既に解約済みですし、しばらく商品注文もしていませんでした。
しかし合格までたどり着いているので、媚を売ったところで無意味だと考えています。

あくまで都市伝説なので「信じるか信じないかはあなた次第です

おまけ

Amazon アソシエイトに合格すると「アクセスキー」と「秘密アクセスキー」の発行が可能になります。
これは、WordPressのプラグイン「Amazon Auto Links」を使用するために必要となります。

「アクセスキー」「秘密アクセスキー」を登録後、「接続」ボタンをクリックすると「Error:429 Too Many Requests; TooManyRequests:Therequest was denied due to request throttling.Please verify the number of requests made per second to the Amazon Product Advertising API.」というメッセージが表示されることがあります。

世界中から認証サーバに対して毎秒大量のリクエストが発生することによる仕様だそうです。
この接続が通らなければプラグインは使用できません。
しかも接続を可能にするには「さらなる販売件数が必要」という人もいます。

販売件数が増えることによって、リクエストを受け付けてくれる幅が広がるとか。
私の場合7件の販売で接続が可能になりましたが、正直おすすめしません。

いつ接続が外れるかもわかりませんし、外れてまた再接続をしようとした際エラーになっても面倒です。

おとなしくAmazon アソシエイトツールを使用しましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事