バイク用の靴はどんなものを選べばいいの?

バイクはクルマと違い、通常の状態であっても「転倒」のリスクがあります。
何故ならバイクは前後にしかタイヤが無く、タイヤ自身も丸みを帯びているためです。

バイクの転倒のリスクを無くすにはこの世のありとあらゆる物理法則を捻じ曲げる必要があります。
そんなこと不可能なので、常日頃から「バイクは倒れるもの」という意識を持つ必要があります。

前置きはこの辺にしておいて、バイクを倒してしまったとき車体に足を挟まれることがあります。
原付や小型二輪くらいであれば、足を挟まれてもどうにか脱出できると思いますが、中型以上のバイクになると車重が150kgを超えるものが多いので一度挟まれると脱出するのが難しくなります。(車体の重さで怪我のリスクも)

やはり、そうなるリスクも頭に入れておくと必然的に靴も一般の運動靴からライダーブーツやライダーシューズにした方が断然安全です。
そこで今回は、バイクに乗るときはどんな靴を選べばいいのかについて記載したいと思います。

スポンサーリンク

一般的な靴とバイク用の靴の違い

まずはじめに、一般的な靴とバイク用の靴では一体何が違うのかについて見ていきたいと思います。

見た目の違い

こちらがよくある、一般的な運動靴の例です。
柔軟で軽量、そして通気性がいいという特徴があり、運動するには持ってこいの靴となります。
ですが、通常の運動をするにあたって、足に強い衝撃が加わることを想定していないため、防御力はほとんどありません。

こちらがライダーシューズの例となります。
運動靴と比べても、見た目の差はあまりありませんのでバイクに乗らない日でも違和感なく履くことができます。
強いて言えば、くるぶしまで高さ?まで生地が伸びていることでしょうか。(でもこういう靴もたくさんありますよね)

 

こちらはレーシングブーツと呼ばれるバイク用の靴です。
パット見ただけで如何にもバイク向けと分かるような靴です。

構造の違い

一般的な運動靴は、主に生地と緩衝材などで構成されていますが、ライダーシューズやレーシングブーツにはそれに加えてつま先に鉄板・足首付近などにはプロテクターが入っています。
そのため、万が一事故に遭ったり車体に足を挟まれてしまった場合でも怪我のリスクを大幅に軽減することができます。

他にもつま先に鉄板が入っているのでギアチェンジする際も足の指が痛くなったり靴が破損したりする恐れも軽減することができるのがメリットです。
(普通の運動靴ではつま先がギアチェンジする際潰れてしまうので足の指にダメージが…)

このような理由からバイクに乗る際は、バイク用の靴を履くことをおすすめします。

値段の違い

一般的な靴でも値段はピンキリなのと同様、バイク用の靴もピンキリです。

高いものは何万円、安いものは数千円です。

あえて相場を言うのであれば、ライダーシューズが5000円前後~2万円前後が一般的な金額で、レーシングブーツは安くて1万円以上が一般的な金額となっています。

バイク用の靴の選び方

安全面で理想を言えば、街乗りやツーリングなど、どんな場面においてもレーシングブーツを履く方がいいのは明白です。

ただ、レーシングブーツは安くて1万円以上と書きましたがバイクショップで売られているレーシングブーツは概ね3万円~5万円の範囲が多いので中々手が出しづらいものです。

なので普段のバイクに乗る用途に合わせて選ぶのも1つと考えます。

街乗り・近距離ツーリングがメインの人

通勤・通学・街乗り・近距離(200km前後?)のツーリングがメインと言う方はライダーシューズがおすすめです。

値段もそこまで高くないため入手しやすいにも関わらず、ある程度安全性が高いので良いと思います。

通勤・通学でバイクを使う人は靴を履き替えるのも楽なのでメリットなのではないでしょうか。

おすすめのライダーシューズはこちら「【SOMMY】プロテクトシューズ スポーツ カジュアル

カジュアルなデザインで普段履きでも違和感のない造りとなっています。
Amazonでの評価は現時点で★4と高評価

Amazonでのコメント
  • 安くてオシャレで軽いし、履きやすい。 靴底も割と滑りにくく、色んな服にも合うのでいので、色々な場面で使用できます。 何より、ベルトと、ファスナーで脱ぎ着し易いので重宝してます。
  • 足首の動きを邪魔しない作りになっていてフットブレーキやシフトチェンジにストレスが無くてとてもいい。サイドジップも履くにも脱ぐにも凄く便利でかなり気に入りました。

     

     

    中距離ツーリング・サーキット

    距離が伸びれば伸びるほど疲労の蓄積により事故に遭ってしまう確率は高まります。
    うっかり立ちごけをやらかす可能性も…?

    また、サーキットでは一般的な速度よりも大幅に速く走行することから事故が発生したときのインパクトは計り知れない環境ですのでやはりレーシングブーツを履くことをおすすめします。

    とはいえ、やはり値段がネックになってきますが、足が無くなるよりマシだと思いますので買って損はないはずです。
    (靴の合う合わないはあるかもしれませんが…)

    おすすめのレーシングブーツはこちら「alpinestars(アルパインスターズ) バイクブーツ SMX-Sブーツ 1691470143

    見た目からも分かる通りしっかりとした造りになっており、ふくらはぎほど高さがあるので防御性能はかなり高い印象を受けます。
    また、一般的なレーシングブーツと比べて多少安く比較的手を出しやすいことから魅力的と言えます。

    Amazonでの評価は現時点で★4.5とこちらも大変高評価

    Amazonでのコメント
    • 新しいライディングシューズかブーツが欲しいと思って実店舗で色々試着してみたところ、このブーツが凄くシックリきたので、購入しました。
    • 初めてのブーツという事もあり、他が分からないので参考にはならないと思いますが、このブーツを履いてショートツーリングに出た時、普段履いているシューズとは段違いな位、シフト操作がしやすくなりました。
    • 思ったよりも厚底で足つきが良くなりました。

     

    さいごに

    バイクは常に危険と隣り合わせな乗り物です。
    そのため、頭の上から足の先まで防具類は必須アイテムと言っても過言ではありません。

    自分の体にいくらお金をかけることができるかでその安全性は変わってきます。

    安かろう悪かろうで判断するのはどうかと思いますが、やはり高いものは高いだけのことはあることが多いです。
    また安いものはすぐ壊れてしまったりするので「安物買いの銭失い」とならないよう多少値段は張りますがいいものを買って長く使えれば逆にランニングコストを抑えることができますので皆様も一度検討してみてはいかがでしょうか。

    ちなみに私は普段ライダーシューズを使っていますが最近ボロボロになってきたので今回紹介したレーシングブーツを買おうかなーなんて思ってたりします。

    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事