グリップヒーターと電熱グローブどちらがいいのか

寒い時期にバイクに乗るのは正直億劫なことが多いと思います。
車と違ってバイクは直接風を受けるため、体感温度も低いですしエアコンによる暖房もありません。

そこで登場するのがグリップヒーターや電熱グローブのような防寒グッズです。
グリップヒーターや電熱グローブは寒い時期でも役立つ寒い時期には必須とも言えるアイテムではないでしょうか。
今回は、これらを購入する場合は、どちらがいいのかについて記載したいと思います。

グリップヒータ

グリップヒーターのメリット

グリップヒータとはその名の通りグリップ部分に熱を持たせることで手元が温かくなります。
温かさを調節できるタイプもあり外気温によって温度を変えられるのは便利ですね。

またグリップヒーターの値段も幅はありますが、1万円前後で購入できる場合もあるので比較的安く販売されています。
取り付け工賃がある場合は、2万円は行かないのではと推測しています。

グリップヒーターのデメリット

グリップヒーターは当然ですが、握っている時しか温もりを感じません。
さらに言えば温もりを感じるのは、グリップヒーターを握っている手のひらの部分だけなので、物理的に握ることが出来ない手の外側はそのまま寒さを受けます。
言うなれば「温かいけど寒い」状態

また、通常のグローブをしていることを前提に設計されているため、ヒーターをオンの状態にしている場合は直で触ると「ヤケド」してしまう恐れがあるので注意が必要です。

インターネット通販で購入した場合は、自分で電気系統を設定しなければならないので、少々難易度が高くなると思われます。
もし、できる自信が無いのであればバイクショップで購入し、お店でやってもらったほうが無難でしょう。

評価の高い商品

グリップヒーターにおけるAmazonで評価の高い商品はこちらがあります。

商品説明
  • 標準ハンドル(22.2mm)汎用
  • 商品内容:左右グリップ、プッシュ式スイッチ本体/ステー、取付配線、エンドキャップがSET

商品に対するコメントには以下のようなことが書かれています。

  • 冬でもスクーター通勤なのでグリップヒーターは強い味方です。ハンドルカバーと併用すると薄手のグローブでも寒さを感じず、ブレーキ操作やウインカー操作にも支障が出ません。
  • 以前付けていたグリップヒーターが崩れたので中華製の安いのにしようかと迷いましたが、すぐに崩れたら嫌なので信頼性を買いました。プッシュ式コントローラも使い易いし、グリップのデザインもいいと思います。
  • 冬は手が冷えて1時間の走行が限界でしたが、これをつけてからは問題なく走れる様になりました。

いずれの方も★5を付けています。
中には「本製品は安価で簡単に取り付けができますが、その分耐久性に難ありです。」というコメントもありましたが、★4という高評価

電熱グローブ

電熱グローブのメリット

電熱グローブのメリットは、手全体を温めてくれるところにあります。
グリップヒーターは握っている時しか温もりを感じませんし、手の甲は寒いままです。
なので、電熱グローブを使用するメリットは大きいと思います。

予め充電しておくタイプと、バイクの電気系統から直接電気を取るパターンがあります。
正直充電タイプは長時間走ると普通のグローブと何ら変わらない状態になってしまうので、気をつけてください。

電熱グローブのデメリット

値段の幅がありすぎてどれがいいか分からない。
特に「これ買っておけば間違いない」というのもありません。

自分で見極めて「これが良さそう」と思ったものを買うしか無いので、個人的に当たりかハズレかは使ってみるまで分からないのがデメリットかと思います。
安かろう悪かろうで決めれるのならいいんですけどね…

評価の高い商品

Amazonの評価が高いものとして以下があります。

商品説明 (Amazon商品説明の引用となります。)
  • 【高品質素材採用】滑り止めのマイクロ繊維を搭載した手のひら部分とビロード素材を採用した裏部分を組み合わせて、快適で実用的な電熱グローブを作られています。寒い天気に適用しています。
  • 【汎用性】この防寒グローブは、冬の屋外作業や、スポーツ、オートバイ、徒歩旅行、ロッククライミング、スキー、自転車、狩り、釣り、犬との散歩、ランニング、雪かきなどに大活躍です。室内でも室外でもご利用いただけます。
  • 【多機能対応】遠赤外線カーボン繊維を搭載したバイク グローブ 冬は、指全体と手の甲を覆っています。寒さを恐れた人や、関節炎、関節がこわばっている人に最適です。
  • 【3階段温度調整可能】このバイク用グローブは、3秒間押し続けると開き、すぐに暖かくなります。3段階で温度を調整し、いつでも好きな温度に切り替えます。加熱温度は約35~65℃で、発熱持続時間は3-6時間で、約3~4時間で充電します。
  • 【アフターサービス付き】パッケージ内容:ヒートグローブ*1、7.4V 2200mahポリマー電池*2、両用充電器*1、取扱説明書*1。本社の商品は12ヶ月の保証期間が付いています。

商品に対するコメントには以下のようなことが書かれています。

  • 商品説明にあるように3秒で暖かくなったので暖かくなるまでに待つ無駄な時間がないのが気に入ってます。
  • 全部で3段階の温度が調節できます。厚いし、暖かいし、加热のスピードも速いし、开いてから10秒でもう暑くなります。とにかく素晴らしい商品です。
  • 滑り止め効果もありバイクに乗って心地が良いです。

いずれの方も★5を付けています。
中には、「ゴワゴワして 細かい作業は 出来ない」というコメントもありましたが、それでも★3という評価はされていましたので、いい商品である可能性は十分にあると思います。

結論

筆者個人の見解でいうなら手の内側しか温まらないグリップヒーターよりも手全体を温めてくれる電熱グローブがいいのではないかなと思います。
充電タイプの電熱グローブの電池が切れたならグリップヒーターを付けるというWスタイルもありっちゃありかもしれません笑

※リンクからご購入の際は、適合車種や仕様を十分に調査してから購入してください。不備・不具合等の責任は負いかねます。

にほんブログ村 にほんブログ村へ

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事