【RS TAICHI】DM レインスーツを使ってみた結果

梅雨の時期や夏場に多い不安定な天気
近所でなければバイクでどこに行くにしてもこれらの季節はレインコートを持ち歩くのはもはや必須と言えます。

そこで今回は、私が購入した「RS TAICHI(タイチ) ドライマスター レインスーツ」の性能について記載したいと思います。

ドライマスターとは

RS TAICHI公式ページによると「ドライマスター」は以下のように記載されておりました。
※以下、RS TAICHI公式ページからの引用

耐水圧10,000mm、透湿度10,000g/m2/24h(初期値)を合わせ持つドライマスターが走行時の雨水を防ぐとともに、湿気を排出しスーツ内を快適に保ち、優れたコストパフォーマンスを発揮。雨水に濡れても高い反射効率が得られる、雨天専用リフレクターを採用しました。透湿機能を備えて、通勤からツーリングまでオールマイティに対応。レインスーツに欲しい機能をしっかり備えた、現在のスタンダードとも言えるモデルです。

つまり「耐水性」「耐湿性」が非常にいい素材を使ったレインコートと言えます。

耐水圧 10,000mmはどの程度か

そもそも「耐水圧」とは何かですが、レインコートや防水系グッズなどに使われている防水性の生地がどれだけの水圧に耐えられるかを表す数値となります。
そして耐水圧 10,000mmとは一般的に大雨クラスを指します。
そのため大雨(ゲリラ豪雨等)に見舞われた場合でもRS TAICHIのレインスーツは耐えることができるということになります。

耐湿性 10,000g/m2/24hはどの程度か

レインコートは、雨を通さないが故に風通しも悪く着ているだけ蒸れたりします。
「耐湿性」は汗などの湿気をどの程度透過することができるかを指します。
※m2/24:素材1平方メートルあたり、24時間で10,000g(10kg)分の水分を透過させることが可能という指標

一般的な蒸れにくさの指標:最低5,000g以上(可能であれば8,000g以上)
一般的な汗のべたつきにくさ:最低10,000g以上(可能であれば20,000g以上)

今回購入したレインスーツ

今回購入したレインスーツは「RS TAICHI バイク用レインスーツ ブラック/レッド (XL) ドライマスター レインスーツ RSR045」

隼駅
値段:11,415円(2019年8月29日時点)
※値段はAmazonでの値段となります。
※買った当初は12000円

実際に手に取ってみた感触

実際に手に取って触ってみたり着てみたりした感触について記載します。

生地の質感やっぱり良い生地使ってるんだなと分かる質感
着心地ごわごわしません。
身動きも取りやすい。

実際に雨天で走行してみた結果

上記の写真は2019年4月30日に撮ったものとなります。
(レインスーツの購入日は2019年4月28日頃)

この日の週は全国的に雨が降り続くとても不愉快な天気でした。
東京から鳥取県にある隼駅までの道のりにおいて「RS TAICHI バイク用レインスーツ ブラック/レッド (XL) ドライマスター レインスーツ RSR045」を着て雨の中を走行し続けた結果、14時間雨に打たれ続けても着ている衣服が濡れることはありませんでした。

この結果には自身も驚きです。
今まで使用していたレインスーツは、せいぜい3時間もすれば「湿ってきたなー」という感じになりましたが、「RS TAICHI バイク用レインスーツ ブラック/レッド (XL) ドライマスター レインスーツ RSR045」は全くそんなことありませんでした。

レインスーツにしては、少々値段は高めですが、高い理由がそこにはありました。
(安かろう悪かろうではないですが…)

個人的に思う惜しい点

個人的に惜しいなーという点は以下の2点

  • フードが付いていれば普段使いもできるのに。(ただの要望)
  • 若干蒸れる感は否めない(レインスーツなので仕方ない部分あり)

総合評価

私が実際に使ってみて感じた「使用感」「濡れにくさ」「蒸れにくさ」等々の総合評価は「4.5」

総合評価

惜しいなと思う部分も多少ありますが、大したマイナスではありません。
買っておそらく損はありません。

もし気になった方がいらっしゃいましたら、購入を検討してみてはいかがでしょうか。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事